© mao All rights reserved.

200811/18

vol.13

11/19にアルバム”Enigma Variations”をリリースしたgnom°こと大島輝之さんがゲスト。maoではfeepというバンドで2003年にアルバムをリリースしています。その頃の思い出や、大島さんが昨今のインプロシーンに果たしてきた役割や今回のアルバムに関する事を、ギター片手に基本グダグダでお送りいたします(笑)。時々聞こえるコマオの鈴の音にも注目。なお本人の希望により音声を変調してお送りしております。

Pocket
LINEで送る

関連記事

ベントラーカオル

マルチ・インストゥルメンタリスト/作曲家。 2006年より全ての演奏と録音を一人で行うソロ作品の制作活動を開始。ロックミュージックに主軸を…

20166/13

鶯色

F.L.Y.、AMEPHONE’s attc、パグタスなどで活動する山田民族と現マヘル・シャラル・ハシュ・バズの鈴木美紀子による男女二人の@…

Umber / Red Tubby and Calico

配信限定シングル配信限定シングル  通常盤:¥200 /iTunes / ototoy  ハイレゾ版:¥250 /ototoy  ストリー…

20167/1

鶯色「公園」に寄せられたコメント

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

Red Tubby and Calico

2017年4月結成。 Guitar:Satoshi Ishimoto (ギターインストユニットpasadena、あらかじめ決められた恋人…

ページ上部へ戻る