© mao All rights reserved.

200912/27

maopod vol.46 ゼロ年代の音楽とはなんだったのか

ゼロ年代も終わりということで、極私的ゼロ年代音楽変遷についてtintinさんと猫社長が語ります。今年1年maopodを聞いていただき有り難うございました。来年も何卒ご贔屓に!
01.One Love/ キノコアザヤカ
02.虚ろな空にアナログマンが行く/中村好伸
オープニング曲dinghy by pasadena
エンディング曲encontro by pasadena

Pocket
LINEで送る

関連記事

Red Tubby and Calico

2017年4月結成。 Guitar:Satoshi Ishimoto (ギターインストユニットpasadena、あらかじめ決められた恋人…

ベントラーカオル

マルチ・インストゥルメンタリスト/作曲家。 2006年より全ての演奏と録音を一人で行うソロ作品の制作活動を開始。ロックミュージックに主軸を…

20167/1

鶯色「公園」に寄せられたコメント

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

20167/5

mechanic / 百瀬巡

・アーティスト:百瀬巡 ・アルバム名:mechanic ・レーベル:mao ・品番:maocd-39 ・価格:1,500円(税別) …

Umber / Red Tubby and Calico

配信限定シングル配信限定シングル  通常盤:¥200 /iTunes / ototoy  ハイレゾ版:¥250 /ototoy  ストリー…

ページ上部へ戻る