© mao All rights reserved.

201010/12

トークイベント『激動のテン年代。いま、インディー・レーベルは必要ですか?』開催

■日時:2010年11月7日(日曜日)
■場所:アップルストア銀座
■時間;19:00から1時間前後
■料金:無料
■出演
石本聡(mao)
飯田仁一郎(ototoy)
北澤学(penguinmarket records)
■司会進行
桑村治良(フリーエディター)

■ ライブ出演者
Tyme.(MAS)、成井幹子(sgt.、MAS)

『激動のテン年代。いま、インディー・レーベルは必要ですか?』
様々なウェブサービスの発展により、個人でも気軽に音源を発表/販売できるようになったこの時代にインディレーベルの存在意義とはなんなのか?現在最前線で奮闘するレーベルオーナー、インディーズの作品を多く扱う配信サイト運営者を招いて現場のリアルな声をお届けすると共に、所属アーティストによるミニライブも行います。

というイベントをアップルストア銀座さんで行うことになりました。「CDってのは一体どうやってお店に並ぶのか」「どうやったら売れるのか」「売るためにはどういうことをやってるのか?」などなど、音楽をやっているアマチュアミュージシャンなら誰もが気になるであろう事柄を赤裸々に語ります。入場無料なのでお気軽にお越し下さい!!

Pocket
LINEで送る

関連記事

ベントラーカオル

マルチ・インストゥルメンタリスト/作曲家。 2006年より全ての演奏と録音を一人で行うソロ作品の制作活動を開始。ロックミュージックに主軸を…

20167/5

mechanic / 百瀬巡

・アーティスト:百瀬巡 ・アルバム名:mechanic ・レーベル:mao ・品番:maocd-39 ・価格:1,500円(税別) …

Umber / Red Tubby and Calico

配信限定シングル配信限定シングル  通常盤:¥200 /iTunes / ototoy  ハイレゾ版:¥250 /ototoy  ストリー…

20166/13

鶯色

F.L.Y.、AMEPHONE’s attc、パグタスなどで活動する山田民族と現マヘル・シャラル・ハシュ・バズの鈴木美紀子による男女二人の@…

20167/1

鶯色「公園」に寄せられたコメント

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

ページ上部へ戻る