© mao All rights reserved.

201011/16

maopod vol.67 Jimanica新作を語る!!

11月17日に5年ぶりのアルバムPdをリリースしたJimanicaさんをゲストに。maoからリリースしたEntomophonicから5年、今やひっぱりだこドラマーとなった彼が今に至る軌跡を赤裸々に語ると共に、今作の魅力についても余すところ無くしゃべり倒します。二人とも呑みながら喋ってまして、実はこのオンエアに続いて超絶グダグダトークとなった2回目というのもあるのですが、HDの海に紛れて現在捜索中….。見つかり次第オンエアしますのでお待ち下さい!

01.Fu La Da Di Da/Jimanica
02.Here is not where you should come / Jimanica
オープニング曲dinghy by pasadena
エンディング曲encontro by pasadena

Pocket
LINEで送る

関連記事

Red Tubby and Calico

2017年4月結成。 Guitar:Satoshi Ishimoto (ギターインストユニットpasadena、あらかじめ決められた恋人…

Umber / Red Tubby and Calico

配信限定シングル配信限定シングル  通常盤:¥200 /iTunes / ototoy  ハイレゾ版:¥250 /ototoy  ストリー…

ベントラーカオル

マルチ・インストゥルメンタリスト/作曲家。 2006年より全ての演奏と録音を一人で行うソロ作品の制作活動を開始。ロックミュージックに主軸を…

20167/5

mechanic / 百瀬巡

・アーティスト:百瀬巡 ・アルバム名:mechanic ・レーベル:mao ・品番:maocd-39 ・価格:1,500円(税別) …

20167/1

鶯色「公園」に寄せられたコメント

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

ページ上部へ戻る