© mao All rights reserved.

20113/18

Tam Tam@国立地球屋


三多摩地区の皆様ご無沙汰しておりました。Tam Tamが東京レゲエの聖地国立に乗り込みます。maoのレゲエバンドが必ず一回は出演している地球屋にて、フレッシュで瑞々しいレゲエ/ダブをお届けいたします。

BASSMENT JAMMIN’ VOL.68 @ 国立 地球屋
■2011年3月18日(金)
■open/start 19:30/19:30
■adv/door 1000/1000yen + order

■Live■
Tam Tam
ダイナミクス溢れるソウルフルなボーカルを軸に、強力なリディムセクションがボトムを支え、ギター/キーボードが彩りを添えるバンドサウンドは、メンバーの年齢からは想像できない完成度をほこり、レゲエを土台にしつつそこにクラブミュージックの良質なエッセンスを注入した音楽性も相まって、ライブハウスで対バンとなるレゲエバンドのみならず、ロックバンドからも熱い支持を受けている。

SALI KAMI
2009.4 愛在るRebel musicを信条に、SAL I KAMI と名乗り都内を中心に草の根的活動を始める
2010.6 現在の7人になり、様々な問題提起も兼ねた自主企画 ”SPLIT PEAS” -故意なる無知は罪だ- をスタートさせ更なる勢いにのる
“足るを知ること”つながり”愛” 全てはライフスタイルの延長線にある音、そして土の匂いのする音
21世紀日本においてRebel musicの在り方、またRoots reggaeの新たな可能性をも導き出せると信じきって活動中

YAGARA

Pocket
LINEで送る

関連記事

mj_mechanic_jacket_dpi150

20166/21

百瀬巡「mechanic」7/4までの期間限定フル試聴開始

7/5新宿MARZでのライブより販売開始となる百瀬巡「mechanic」 発売に先駆けて7/4までの期間限定で全曲のフル試聴が始まりました…

20160615-84

20167/3

百瀬巡デビューアルバム“mechanic”発売直前トーク&ライブ~ももホロたくちゃんのよろしくメカドック~

デビューアルバム「mechanic」発売直前の7月3日に、百瀬巡のトーク&ミニライブが急遽決定。 1部 百瀬巡 × おやすみホログラム…

uguisuiro

20166/13

鶯色

F.L.Y.、AMEPHONE’s attc、パグタスなどで活動する山田民族と現マヘル・シャラル・ハシュ・バズの鈴木美紀子による男女二人の@…

10

20167/13

鶯色「公園」によせられたコメント公開です

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

03

20167/1

鶯色「公園」に寄せられたコメント

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

ページ上部へ戻る