© mao All rights reserved.

20115/29

Tam Tam@東京大学本郷キャンパス医学部前特設ステージ

Tam Tam今年初野外です。豪華DJ陣との共演。#Tam Tamは29日の出演になります。

「KOMAMO’11」
■2011年5月28日(土)29(日)@東京大学五月祭
■両日12:00〜18:00
■東京大学本郷キャンパス医学部前特設ステージ(雨天決行、荒天中止)
→東京メトロ丸の内線・都営大江戸線 [本郷三丁目]から徒歩5分、医学部前広場
■無料(カンパ制)

[DJ]
DJ TASAKA

1974年、東京都生まれ。中学生の頃にデフジャム、ネイティヴタングスといったヒップホップに出会い、ターンテーブルとミキサーを手に入れる。 18歳になってから本格的にクラブDJをはじめ、その頃ダンスミュージックとしてのテクノに多大な衝撃を受け一気にテクノへ傾倒。ヒップホップ仕込みのスクラッチを多様した抜群のテクニックで、ディスコ、ミニマル、エレクトロからヒップホップまで、 あらゆるジャンルを自由自在にミックスするその独自のプレイスタイルには定評があり、あくまでも現場にこだわりながら精力的な活動を続ける。 2001年に初のDJ MIX CD『LOOPA MIX mixed by DJ TASAKA』をリリース。同年、ドイツのドルトムンドで行われた屋内レイヴ“MAYDAY”に出演。 2002年にはファーストミニアルバム『PASSPORT FOR DISCO』をリリース。その他に数々のリミックスとプロデュースを手掛けるなど幅広く活躍。 2005年夏には、全て自身のオリジナルトラックを使ってLIVE MIXした初のフルアルバムを『GO DJ』(Ki/oon Records)をリリース。 9月から11月までは、このアルバムのリリースツアーを全国各地で行った。 2009年7月22日には4年振りのアルバム「Soul Clap」をリリース。また8月29日に行われる日本最大級の屋内レイヴ“WIRE09”への出演も決定している。

Alex from Tokyo (Tokyo Black Star, Innervisions, world famous NYC)

世界を股にかけるパリ生まれ東京育ち、インターナショナル・エクレックティックDJ、プロデューサー&ワールドフェイマス・コーディネータ。 2004年から活動の拠点をNYCへ移し、DJとして東京-NYC-ヨーロッパ各地など世界を飛び回る多忙振り。日本で1998年より続いている渋谷 FMの番組「Tokyo Club Mix ShowCase」やDJ NORI、長谷川賢司、FUKUBAとの サンデー・アフタヌーン・パーティ「GALLERY」では多くの音楽ファンを魅了し続け、今も尚、その人数は増え続けている。 2007年の1月から:Synthesizeと組んで東京のSPACE LAB YELLOWで新レジデント・パーティ「TIMEWARP」をスタート。現在までに日本では5枚のミックスCDをリリースし、独自のエクレクティックなスタイルを確立している。一方、熊野功とのユニット「Tokyo Black Star」名義で音楽制作も展開。ベルリンのレーベル<INNERVISIONS>から リリースされている5枚のシングル、1stアルバム「BLACK SHIPS」は国内外で各地で評価されており、 世界のトップDJにプレイされているのは言わずもがなである。最近では、ファッション・ブランドY3-NYCでの ファッション・ショーの音楽コーディネーション、同じくY3の世界全店舗の音楽プロデュース、アート展ART BASELのDJや、 LOUIS VUITTONのウェブサイト用の最新コレクションアニメーションの音楽等も手掛けている。バイタリティ溢れる彼から発信される今後の活動に注目と期待が集まっている。

Lyoma

abend主宰。 1998年から2007年まで活動の拠点をドイツの首都ベルリンに置き、市内の様々なクラブやドイツ国内の各都市を中心にキャリアを積む。2007年7 月、Platikより発表されたコンピレーションCD「Gathering Traxx Vol.1」に楽曲「Forgotten Day」を提供。以降、Shin Nishimura主宰のPlus Recordsを中心に、A.Mochiの主宰するResound Recordsからも楽曲を発表している。

Crystal

95年からDJを開始。トラックメイカーとしてはk404とのTraks Boys(トラックス・ボーイズ)名義で、2007年7月に1stアルバム「Technicolor」、2008年10月に2ndアルバム「BringThe Noise」を発表。また川崎工場地帯の某工場屋上にて行われていた(現在は終了)インダストリアル・レイブ・パーティー「DK SOUND」では、Traks BoysとしてレジデントDJを勤めた。2010年7月に、日本産のエレクトロニック・ミュージックを中心に構成したオフィシャルDJミックス「Made In Japan “Future” Classics」を発表。

and more!!!!

[LIVE]
Kaito aka HIROSHI WATANABE

KOMPAKTよりKAITO名義で数々の作品を発表。驚異的なヒットを記録しFrancois KevorkianのMIX-CDに収録されるなど大反響を呼び現在も世界中でスピンされ続けているSpecial Lifeのリリースからはや8年が経ちその後はKOMPAKT/Total 6にも収録された表題曲を含む全ダンスミュージック フリーク待望の2ndアルバム“Hundred Million Lightyears”をリリースにあたりアムステルダムで行われた5 Days Off Festival、ベルリンのKompakt Night、そしてバルセロナのMonegrosDesert Fes等のビックイベントに出演しLIVE演奏を披露。世界屈指のパーティーアニマル達を熱狂の渦に巻き込んだ。その間にギリシャからはKLIK RECORDSより本名名義でのアルバム”GENESIS”をリリース、そしてこの数年内にギリシャへのツアーは幾度となく行われ、DJ、LIVE共に高い評価を受ける。2007年KOMPAKTよりKAITO名義での初のDJ MIXCD”Contact to the Spirits”をリリース、2008年には曽我部恵一を向え、ヴォーカル作品を交えた初のオリジナルアルバム『Life,Love』もリリース。そして、2009年9月にはKAITOの3rdアルバム『TRUST』そして2010年春にはそのアンビエントバージョン『Trust less』をKOMPAKTからリリース!

A.Mochi (Figure)

東京を拠点に、ライブアクトやDJとして活動する日本人テクノ・プロデューサー。 2006年より「Hardsignal」、「Tremors」などのレーベルからコンスタントにリリースを重ね、2007年にはLuke Slaterのレーベル「Mote-Evolver」から2作品をリリース。2008年にはAlex Bauのレーベル「Kumo」より2枚の12インチをリリースした他、Francois K.のレーベル「WaveTec」からも作品をリリースする。その後もその快進撃は続き、2008年10月には、現在、世界で最高のクラブと称される Berghain(ベルクハイン)のレジデントDJ、Len Fakiのレーベル「Figure」からリリースした「Battry EP」が数々の第一線のDJ達にプレイされ話題となる。 2009年にFigureからリリースした「Black Out EP」はワールドワイドで好セールスを記録。トレードマークでもある力強い重厚な楽曲はワールドクラスの錚々たるアーティストにプレイサポートされ、高い評価を得ている。2010年には石野卓球がオーガナイズする「WIRE10」に出演を果たし堂々のパフォーマンスを見せ、秋にはファーストアルバムのリリースと、初のヨーロッパツアー(ベルリンのBerghain、フランスのフェス「Nordik Impakt」にも出演する)を行う。今現在、一番リアルタイムなテクノを作り出し、世界のシーンを揺さぶることができる日本人プロデューサー、 A.Mochi。その名を覚えておいて、損はないだろう。

Tam Tam

ダイナミクス溢れるソウルフルなボーカルを軸に、強力なリディムセクションがボトムを支え、ギター/キーボードが彩りを添えるバンドサウンドは、メンバーの年齢からは想像できない完成度をほこり、レゲエを土台にしつつそこにクラブミュージックの良質なエッセンスを注入した音楽性も相まって、ライブハウスで対バンとなるレゲエバンドのみならず、ロックバンドからも熱い支持を受けている。 2010年5月に制作したオリジナル2曲、リミックス3曲入の自主制作CDRが局地的に話題となり、噂を聞きつけた「あらかじめ決められた恋人たちへ」や「World’s end girlfriend」のライブダブPAもつとめる、maoレーベルのオーナー石本聡がライブを見に行き一目惚れ。自ら志願しPAを担当するなどレーベルをあげて全面的にバックアップしはじめる。2011年2月3日に自主制作ミニアルバム「Come Dung Basie」をDIYリリース!

and more!!!!

————————————————————————————————-

※今回は【本郷キャンパス】での開催になります。ご注意ください。
注意事項:「KOMAMO」の運営費は全て主催学生の自己負担によって成り立っています。スポンサーの協力、大学からの援助金等は一切頂いておりません。大学という場所でこのようなイベントを今後も続けていくには来場される皆様のご協力が必要です。
・近隣住民や他のお客様の迷惑となる行為はお止めください。
・ドリンク等の持ち込みはご遠慮ください。アルコール類もそろったドリンクバーを設けています。
・カンパのご協力お願いします。バー横にカンパBOXを常設してありますので、お気持ちを頂けると有り難いです。
・大学構内は指定場所以外での喫煙は禁止されています。
・危険物、法律で禁止されているものの持込は禁止します。発見した場合は直ちに警察へ通報します。
・KOMAMOは野外パーティーです。雨具、防寒具等のご持参をお願いします。

Pocket
LINEで送る

関連記事

Red Tubby and Calico

2017年4月結成。 Guitar:Satoshi Ishimoto (ギターインストユニットpasadena、あらかじめ決められた恋人…

20168/3

公園/鶯色

■アーティスト:鶯色 ■アルバムタイトル:公園 ■品番:maocd-38 ■JANコード:4580334170120 ■発売日:20…

Umber / Red Tubby and Calico

配信限定シングル配信限定シングル  通常盤:¥200 /iTunes / ototoy  ハイレゾ版:¥250 /ototoy  ストリー…

1/Red Tubby and Calico

Artist:Red Tubby and Calico Title:1 品番:maocd-41 価格:1,800円(税別) JAN:…

ベントラーカオル

マルチ・インストゥルメンタリスト/作曲家。 2006年より全ての演奏と録音を一人で行うソロ作品の制作活動を開始。ロックミュージックに主軸を…

ページ上部へ戻る