© mao All rights reserved.

出演者プロフィール

pasadena with poundhip upsetters(mao/東京)

maoのオーナーでもあるイシモトサトシのギターインストソロユニット。現在までに「woody guthrie」、「One Point Five」、「encontro」といった3枚のアルバムをリリース。レゲエ/ダブのエッセンスをベースに様々なルーツミュージックを独自の解釈で再構築しつつ、時に柔らかく、時に熱いサウンドを携え、カフェから野外フェスまで様々なフィールドでライブ活動を行っている。ソロセットやサポートバンド poundhip upsetters(Drums:SACHI-A、Bass藤川秀之、Trumpet:ホカママサミ、DUBPA:マキ)とのバンドセットによるパフォーマンスなど、場所やシステムを選ばない柔軟なスタイルも持ち味の一つ。
近年はあらかじめ決められた恋人たちへ、MAS等のライブPA、ダブミキサーや様々なアーティストのレコーディングエンジニアとしても活躍中。

KURIWATAHASHI(mao/東京)

国内屈指のレゲエバンドTUFF SESSIONのギタリスト、クリ(VO,AG)、バンドのビジュアルを一手に引き受けるギタリストワタ(G)、PHEWWHOO、ホテルニュートーキョーでもグルービーなベースを聞かせる赤坂みちる(B)を中心に結成。ライブではサポートにモンチャン(Dr)を迎えて、ライブハウス、カフェ、バー、クラブなど場所を問わずにアットホームなカントリーフォーク/ブルースをプレイし続けている。
豊穣な音楽的バックグラウンドと確かな演奏力に加えて、冗談とも本気ともつかないような言葉はぶっとんでいながらも生活者の視点を失うことはなく、高田渡、友部正人、忌野清志郎等先達が持つ世界観の系譜にしっかりと連なっている。

パイ山に遊ぶ(a.k.a.泰山に遊ぶ)(mao/東京)


かつてライ・クーダーや細野晴臣が試みた「東洋と西洋音楽の融合」を今に引き継ぐ彼等のサウンドは、中華風でありながらどこか昭和歌謡も思わせる懐かしいメロディ、旅情を刺激するヴァイオリンのカウンターパート、レゲエ、スカをベースにしたリズムとDUB処理が融合したオリジナリテイ溢れるものでありながら、最終的には誰にでもとっつきやすい「ポップス」として絶妙なバランスで成立している。スケールの大きい風景描写に甘く切ない恋心が織り込まれた歌詞が、その世界観を一層際だたせているのも魅力の一つ。
2009年に「フジロックフェスティバル」に、2010年に沖縄で開催された「沖縄国際アジア音楽祭」に出演。
「テン年代の東アジアエスニック楽団」をテーマに、軽やかなフットワークで都内を基点に全国、果ては台湾や中国にまで活動の幅を広げつつ、歴史を語るように音を奏で、黄河よりも深いグルーブを生み出し続けている。

クリテツ(fromあらかじめ決められた恋人たちへ)
「あらかじめ決められた恋人たちへ」でテルミン/ジャンベ/鍵盤ハモニカを演奏。 http://arakajime.main.jp/ ソロでテルミン演奏もします。 公園とかカフェとか駅とか。

repeat(unbroken records/from郡山)


2004年にギターの吉永を中心に大学の友人と結成。。その後、メンバーの進路や就職での住む場所の変化などにより一度は解散の危機に陥るも、現メンバーに落ち着き月に1本程のペースで地元郡山を中心にライブ活動を行っている。ボーカルの藤野は現役の音楽講師でもある。
メンバーが共通して好きだというRADIOHEAD・mogwai・Sigur Rosなどの音楽的要素に加え、クラシック・民族音楽の要素も取り入れ、独自に消化・吸収したそのサウンドはバンド名のさす通り、繰り返す旋律・ノイズと静寂に集約され、聞く人の心に深く染み込んでいく。風景の見える音楽、それがrepeatの音楽である。
これまでenvy・ハネト・circe・the SHUWA等のバンドと共演。今年2月にアルバム「ハーモナイズ・ウィズ・タイム」をリリース。

OTOMISHIRI(fromいわき)


otomishiriはシンセサイザー担当橋本と、ピアノ・シンセサイザー・鉄琴担当藤野からなる結成からまだ半年のフレッシュな女性2人組ユニット。
シンセ担当の橋本はほかにafterlight song(Key/Ba)ダンボールマン(Ba)、シンセ・ピアノ・鉄琴担当の藤野はrepeat(Vo/Key)RODS(Ba/cho)ソロ弾き語りなど、個別の活動も活発に行っている。

ちえみ(from高萩)

茨城県高萩出身。主な出演場所はSONIC、burrowsで、ウクレレの弾き語りで内容は最高です、との三ケ田さんの折り紙付き!!また音源、動画等も一切なく…現在体調をくずしておりこの日には確実に間に合わせるとの事です。早く元気になって素敵なうたを聞かせてほしいです!!

心のスピーカーズ(from 1F40キロ圏内)(from福島県小野町)

Pocket
LINEで送る

関連記事

mj_mechanic_jacket_dpi150

20167/5

mechanic / 百瀬巡

・アーティスト:百瀬巡 ・アルバム名:mechanic ・レーベル:mao ・品番:maocd-39 ・価格:1,500円(税別) …

10

20167/13

鶯色「公園」によせられたコメント公開です

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

fwj_artist2

fishing with johnの楽曲がベッキーさんラジオ番組のオープニングに採用されています

現在TOKYO FMで毎週日曜日朝9:30より放送されている「太田胃散presentsベッキーGO LUCKY」のオープニングテーマとして、…

09

20166/13

鶯色ライブ情報

6/16荻窪ルースターノースサイド 6/23阿佐ヶ谷harness 6/29新宿荒木町アートスナック番狂せ 7/2立川ギャラリーセプチ…

jacket02

Fly Fly Fly /柴山一幸

揺らぎ、彷徨いながらも全てを受け入れ進む。孤高のロック・マエストロ柴山一幸会心のニューアルバム。 ■アルバムタイトル:Fly Fly Fl…

ページ上部へ戻る