© mao All rights reserved.

CONNECT with IWAKI vol.01無事終了いたしました


CONNECT with IWAKI vol.01無事終了いたしました。

この日は丁度ソニックのある平の七夕祭りとも重なり、市内はかなりの賑わいでした。浴衣を着た女子高生と彼氏が嬉しそうに手を繋いで歩いてる様なんかを見てるとですね、「あぁよかったなぁ」なんて妙に嬉しくなっちゃったりしてたんですよ。

いやもう単純に、これが開催できて良かった、福島のミュージシャンたちと同じ場所を共有することができてよかった、という気持ちで一杯です。
mao組の出演者もみんな気持ちのこもったいいライブをしてくれたし、地元の出演者もそれぞれ味わい深い演奏をしてくれました。仙台に行った時も思ったんですが、ジャンルを超えて伝わるものってあるんだなぁと改めて思った次第。

終わってみて思うのは「やっぱり続けないと意味が無いよなぁ」ということ。
この日に感じた色んな思いっていうのを継続させていかないと、と改めて思いました。
いわきで継続していくのは勿論、東京にいわきのアーティストを招いていったりとかね。
まだまだなにも決着ついていないし、これからがホントに大事だな、大変だな、というの再確認しましたし。

OTOMISHIRI
OTOMISHIRI

パイ山に遊ぶ

心のスピーカーズ

クリテツ

ちえみ

KURIWATAHASHI

repeat

pasadena with poundhip upsetters

Pocket
LINEで送る

関連記事

fwj_artist2

fishing with johnの楽曲がベッキーさんラジオ番組のオープニングに採用されています

現在TOKYO FMで毎週日曜日朝9:30より放送されている「太田胃散presentsベッキーGO LUCKY」のオープニングテーマとして、…

20160615-84

20167/3

百瀬巡デビューアルバム“mechanic”発売直前トーク&ライブ~ももホロたくちゃんのよろしくメカドック~

デビューアルバム「mechanic」発売直前の7月3日に、百瀬巡のトーク&ミニライブが急遽決定。 1部 百瀬巡 × おやすみホログラム…

03

20167/1

鶯色「公園」に寄せられたコメント

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

uguisuiro

20166/13

鶯色

F.L.Y.、AMEPHONE’s attc、パグタスなどで活動する山田民族と現マヘル・シャラル・ハシュ・バズの鈴木美紀子による男女二人の@…

09

20166/13

鶯色ライブ情報

6/16荻窪ルースターノースサイド 6/23阿佐ヶ谷harness 6/29新宿荒木町アートスナック番狂せ 7/2立川ギャラリーセプチ…

ページ上部へ戻る