© mao All rights reserved.

20112/28

maopod vol.75 激動のテン年代、今インディレーベルは必要ですか?vol.2


さる2010年11月7日に銀座アップルストアで行われたトークイベント「激動のテン年代、今インディレーベルは必要ですか?」の模様を2回に渡ってお送りします。今回は後半部分。当日の出席者は石本聡(mao)飯田仁一郎(ototoy)北澤学(penguinmarket records)
司会進行桑村治良(フリーエディター)の面々。あんなことこんなこと、かなり赤裸々に話しております。
最後にはMASヤマダタツヤ、成井幹子とpasadenaのフリーセッションも収録。

Pocket
LINEで送る

関連記事

junmomose

20166/21

mechanic感想まとめ

先日リリースの、百瀬巡ちゃんが自身で作詞作曲プロデュースしたデビューアルバム聴かせていただきました。これからどんどんももじゅんワールド全開に…

13450078_723352401139762_8221195911964624967_n

柴山一幸がマンスリー企画ライブを開催

柴山一幸自主企画「born to music」@下北沢440 ☆第一回7/11(月) ☆第二回8/24(水) ☆第三回9/29(木) …

mj_mechanic_jacket_dpi150

20166/21

百瀬巡「mechanic」7/4までの期間限定フル試聴開始

7/5新宿MARZでのライブより販売開始となる百瀬巡「mechanic」 発売に先駆けて7/4までの期間限定で全曲のフル試聴が始まりました…

jacket02

Fly Fly Fly /柴山一幸

揺らぎ、彷徨いながらも全てを受け入れ進む。孤高のロック・マエストロ柴山一幸会心のニューアルバム。 ■アルバムタイトル:Fly Fly Fl…

uguisuiro

20166/13

鶯色

F.L.Y.、AMEPHONE’s attc、パグタスなどで活動する山田民族と現マヘル・シャラル・ハシュ・バズの鈴木美紀子による男女二人の@…

ページ上部へ戻る