© mao All rights reserved.

20112/28

maopod vol.75 激動のテン年代、今インディレーベルは必要ですか?vol.2


さる2010年11月7日に銀座アップルストアで行われたトークイベント「激動のテン年代、今インディレーベルは必要ですか?」の模様を2回に渡ってお送りします。今回は後半部分。当日の出席者は石本聡(mao)飯田仁一郎(ototoy)北澤学(penguinmarket records)
司会進行桑村治良(フリーエディター)の面々。あんなことこんなこと、かなり赤裸々に話しております。
最後にはMASヤマダタツヤ、成井幹子とpasadenaのフリーセッションも収録。

Pocket
LINEで送る

関連記事

20166/21

百瀬巡「mechanic」7/4までの期間限定フル試聴開始

7/5新宿MARZでのライブより販売開始となる百瀬巡「mechanic」 発売に先駆けて7/4までの期間限定で全曲のフル試聴が始まりました…

Fly Fly Fly /柴山一幸

揺らぎ、彷徨いながらも全てを受け入れ進む。孤高のロック・マエストロ柴山一幸会心のニューアルバム。 ■アルバムタイトル:Fly Fly Fl…

20167/13

鶯色「公園」によせられたコメント公開です

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

20167/1

鶯色「公園」に寄せられたコメント

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

fishing with johnの楽曲がベッキーさんラジオ番組のオープニングに採用されています

現在TOKYO FMで毎週日曜日朝9:30より放送されている「太田胃散presentsベッキーGO LUCKY」のオープニングテーマとして、…

ページ上部へ戻る