© mao All rights reserved.

20112/28

maopod vol.75 激動のテン年代、今インディレーベルは必要ですか?vol.2


さる2010年11月7日に銀座アップルストアで行われたトークイベント「激動のテン年代、今インディレーベルは必要ですか?」の模様を2回に渡ってお送りします。今回は後半部分。当日の出席者は石本聡(mao)飯田仁一郎(ototoy)北澤学(penguinmarket records)
司会進行桑村治良(フリーエディター)の面々。あんなことこんなこと、かなり赤裸々に話しております。
最後にはMASヤマダタツヤ、成井幹子とpasadenaのフリーセッションも収録。

Pocket
LINEで送る

関連記事

20167/5

mechanic / 百瀬巡

・アーティスト:百瀬巡 ・アルバム名:mechanic ・レーベル:mao ・品番:maocd-39 ・価格:1,500円(税別) …

20166/13

鶯色

F.L.Y.、AMEPHONE’s attc、パグタスなどで活動する山田民族と現マヘル・シャラル・ハシュ・バズの鈴木美紀子による男女二人の@…

20168/3

公園/鶯色

■アーティスト:鶯色 ■アルバムタイトル:公園 ■品番:maocd-38 ■JANコード:4580334170120 ■発売日:20…

Red Tubby and Calico

2017年4月結成。 Guitar:Satoshi Ishimoto (ギターインストユニットpasadena、あらかじめ決められた恋人…

20167/1

鶯色「公園」に寄せられたコメント

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

ページ上部へ戻る