© mao All rights reserved.

jimanicaametsub_artist

Jimanica×Ametsub

2005年11月にアルバム”Entomophonic”で鮮烈なデビューを飾ったドラマーJimanica。その後の活躍は目覚ましく、不破大輔 (渋さ知らズ)、ダモ鈴木、A×S×E、勝井祐二 、芳垣安洋(ROVO)、中村達也(EX.ブランキー・ジェット・シティ)、福岡ユタカ、ホッピー神山などなど、錚々たるメンツとの共演、対バンをこなしてきている。
 
2006年からは同じくドラマーのイトケン、ビジュアルアーティストymgと共にユニットd.v.dを結成。代々木公園で数千人のオーディエンスをロックさせる一方、金沢21世紀美術館や森美術館、韓国、ロンドンのモダンアート系フェスティバルなどでの公演実施/予定等、クラブシーンのみならず現代美術の方面でも注目を集めている。
 
そうした活動の中で出会ったトラックメイカーAmetsubは、昨年PROGRESSIVE FOrMよりアルバム” Linear Cryptics “をリリース。暗く美しい独自の世界観を持ち、まるで情景を描写する様な楽曲は多くのファンの支持を得、ソナーサウンドtokyoへの出演や、O.N.O.、DJ TASAKA、Luomo aka Vladislav Delayなど国内外の先鋭的なアーティストと共演してきた。
そんな二人が今回Jimanica×Ametsub(ジマニカ×アメツブ)というユニットを結成。Jimanicaの激しく表情豊かなドラミングとAmetsubの繊細なトラック、そしてリアルタイムのドラムエフェクトが織りなす世界はインドア/アウトドアを問わずリスナーの心をわしづかみにしている。
 
デビューライブは07年9/9に代官山UNIT、共演はクラムボン、toe、PARAという豪華布陣で大きな話題となった。その後も渚音楽祭や各種野外フェスへの出演など、ライブオファーはとどまるところをしらない。
 
 
■関連サイト
Jimanica | Ametsub | MySpace
 
■リリース作品
surge

Pocket
LINEで送る

関連記事

junmomose

20166/21

mechanic感想まとめ

先日リリースの、百瀬巡ちゃんが自身で作詞作曲プロデュースしたデビューアルバム聴かせていただきました。これからどんどんももじゅんワールド全開に…

jacket02

Fly Fly Fly /柴山一幸

揺らぎ、彷徨いながらも全てを受け入れ進む。孤高のロック・マエストロ柴山一幸会心のニューアルバム。 ■アルバムタイトル:Fly Fly Fl…

03

20167/1

鶯色「公園」に寄せられたコメント

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

09

20166/13

鶯色ライブ情報

6/16荻窪ルースターノースサイド 6/23阿佐ヶ谷harness 6/29新宿荒木町アートスナック番狂せ 7/2立川ギャラリーセプチ…

mj_mechanic_jacket_dpi150

20167/5

mechanic / 百瀬巡

・アーティスト:百瀬巡 ・アルバム名:mechanic ・レーベル:mao ・品番:maocd-39 ・価格:1,500円(税別) …

ページ上部へ戻る