© mao All rights reserved.

fwj_artist

fishing with john

2001年より主にレコーディングを中心とした活動を開始した、五十嵐祐輔によるソロ インストユニット。
 
アコースティックギター3本のアンサンブルをメインに、日々の 生活音などのサンプルやピアニカ、リコーダーなど様々なソースで構成された独自の サウンドを創造。そのサウンドはポストロック、現代音楽や映画音楽など様々なジャンルに通じ、そのクオリティ、またうたごころ溢れるメロディーが各方面で高い評価を受けている。
 
ちなみにユニット名は、ジョンフェイフィ、ジョンレノン、ジョンセバスチャンなど「尊敬すべきアーティストの総称」としてジョンの名前の入った同名の映画タイトルから引用された。
 
 
■関連サイト
fishing with john
 
■リリース作品
残響ピクニック
鈍行ブックモービル
夏でもなく秋でもなく/夜に塗れて
疾風スカート/キャッチボール@屋上
サイクル曜日/座礁クジラ
林檎にタッチ
斬り翔べ、桜ガール/犬にチャンスと命名
猫書簡

Pocket
LINEで送る

関連記事

fwj_artist2

fishing with johnの楽曲がベッキーさんラジオ番組のオープニングに採用されています

現在TOKYO FMで毎週日曜日朝9:30より放送されている「太田胃散presentsベッキーGO LUCKY」のオープニングテーマとして、…

junmomose

20166/21

mechanic感想まとめ

先日リリースの、百瀬巡ちゃんが自身で作詞作曲プロデュースしたデビューアルバム聴かせていただきました。これからどんどんももじゅんワールド全開に…

uguisuiro-jacket02

20168/3

公園/鶯色

■アーティスト:鶯色 ■アルバムタイトル:公園 ■品番:maocd-38 ■JANコード:4580334170120 ■発売日:20…

10

20167/13

鶯色「公園」によせられたコメント公開です

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

03

20167/1

鶯色「公園」に寄せられたコメント

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

ページ上部へ戻る