© mao All rights reserved.

top03

柴山一幸

■柴山一幸
愛知県稲沢市出身、1969年11月生まれの46歳。
2001年にMETROTRON RECORDSよりデビューアルバム「Everything」をリリース。
その後暫く音楽の世界から離れるが、2008年に2ndアルバム「涙色スケルトン」を発表後活動を再開。
2013年3rd Album「I’ll be there」、2014年4th Album「君とオンガク」、2015年5th Album「YELLING」と毎年コンスタントに作品をリリースし、ソロ、バンドセットを問わず精力的にライブ活動を行っている。

The Beatles,Ben folds,Elvis Costello,Fairground Attraction,Norah Jones,Paul weller,Todd Rundgren,RCサクセション,オフコース,シュガーベイブ,細野晴臣をルーツとする柴山の音楽は、ブリティッシュロックやAORの血脈を受け継いだ上質なポップ性と骨太なルーツミュージックの香りが絶妙にブレンドされつつ、そこに人生の哀歓を感じさせる陰影に富んだ言葉が乗る事により、彼と同世代の音楽リスナーや、今の音楽に物足りなさを感じている若者も十分に満足しうる力強いものになっている。

盟友杉浦琢雄(東京60WATTS)、矢部浩志(Controversial Spark/元・カーネーション)等強力なサポート陣によるロックのダイナミズムを存分に堪能できる演奏もさることながら、それを束ねて中央に凛と存在する柴山の「うた」は圧倒的であり、時にゆらぎ、時に一直線に突き刺さってくる。
その体験はかつて我々が心臓を鷲掴みにされた数多のロックスターの名演となんら変わりなく、いつまでも色褪せない瑞々しさを放ち続けている。
現在、年内maoよりリリース予定の新作を制作中。
オフィシャルサイト | Twitter | Facebook

Pocket
LINEで送る

関連記事

10

20167/13

鶯色「公園」によせられたコメント公開です

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

junmomose

20166/21

mechanic感想まとめ

先日リリースの、百瀬巡ちゃんが自身で作詞作曲プロデュースしたデビューアルバム聴かせていただきました。これからどんどんももじゅんワールド全開に…

uguisuiro-jacket02

20168/3

公園/鶯色

■アーティスト:鶯色 ■アルバムタイトル:公園 ■品番:maocd-38 ■JANコード:4580334170120 ■発売日:20…

jacket02

Fly Fly Fly /柴山一幸

揺らぎ、彷徨いながらも全てを受け入れ進む。孤高のロック・マエストロ柴山一幸会心のニューアルバム。 ■アルバムタイトル:Fly Fly Fl…

03

20167/1

鶯色「公園」に寄せられたコメント

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

ページ上部へ戻る