© mao All rights reserved.

encontro_release

20083/19

encontro / pasadena

【DQC-45】08.03.19発売 2,300円

夏が待ちきれない。テラスで昼ビールやりながらかけたい、西海岸オープンエアー、甘くメロディアスなダブ・ポップです。pasadena 立派!!!(HAKASE-SUN)

■収録曲
01.dinghy
02.morning glow
03.gallop
04.harmitcrab
05.windpark
06.holiday of jellyfish
07.noturno
08.telstar
09.encontro

download | iTunes |
buy CD | amazon | TOWER | HMV |

約3年ぶりとなる3rdアルバムは、全編バンドサウンドによる全て書き下ろしの新曲とサーフロックの名曲”telstar”のカバーを含む全9曲が並ぶpasadenaの集大成ともいうべき内容。
ドラムスJimanica(d.v.d.)、ベース藤川秀之(microshot)、アコースティックギター程島和浩(ex.poodles)、ヴァイオリン成井 幹子(sgt.)、スティールパン町田良夫、ピアニカfishing with johnという多彩な顔ぶれにより彩られたそのサウンドはレゲエ、ダブ、サーフロックはもとより70年代ウエストコーストロックやニューウェーブの要素も併せ持つ味わい深い内容となっています。全編を通して感じられる海や山の情景は、まさにこれからの季節にぴったり。

●ジャングルライフ 2008/03
エレクトロニカの出現にインスパイアされ、ダブという手法を取り入れたギター・インストゥルメンタル・ミュージックを作っていたのが初期pasadenaであるとするなら、 この3rdアルバム『encontro』は音楽的転換期を迎えたpasadena=イシモトサトシの新たな意識が全編に注入された作品と言えるだろう。全曲バンドサウンドにこだわり、ヴァイオリン、スティール・パンまで取り入れた今作は美しくも穏やかで、軽やかに深みを見せる。それはさり気ない佇まいでありながらも今、音楽を作る意味も静かに問いかけている。

●Riddim 08年4月号
彼の作品を聴く度にこの人は本当に音楽が好きなんだなぁと思う。地道に活動する音楽家による良質な作品をリリースし続けているレーベル、maoを主宰するイシモトサトシによるギターインストユニットの3年ぶりとなる3rdアルバム。本作も冒頭の文章の通り、昔から大好きだった音楽とシンクロする自分の体内に流れているリズムをごくごく自然な形で音で表現している。一聴するとチルだけどタフでもあります。(大場俊明)

Pocket
LINEで送る

関連記事

uguisuiro-jacket02

20168/3

公園/鶯色

■アーティスト:鶯色 ■アルバムタイトル:公園 ■品番:maocd-38 ■JANコード:4580334170120 ■発売日:20…

mj_mechanic_jacket_dpi150

20166/21

百瀬巡「mechanic」7/4までの期間限定フル試聴開始

7/5新宿MARZでのライブより販売開始となる百瀬巡「mechanic」 発売に先駆けて7/4までの期間限定で全曲のフル試聴が始まりました…

10

20167/13

鶯色「公園」によせられたコメント公開です

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

03

20167/1

鶯色「公園」に寄せられたコメント

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

20160615-84

20167/3

百瀬巡デビューアルバム“mechanic”発売直前トーク&ライブ~ももホロたくちゃんのよろしくメカドック~

デビューアルバム「mechanic」発売直前の7月3日に、百瀬巡のトーク&ミニライブが急遽決定。 1部 百瀬巡 × おやすみホログラム…

ページ上部へ戻る