© mao All rights reserved.

utena

小林うてな

 2013年フジロックルーキーステージに出演し、二匹の鬼を従えオリエンタルNWダンスミュージックを披露し喝采をあびつつも解散したカルトバンド「鬼の右腕」。その主宰で全曲の作詞作曲もてがけていたボーカル/スティールパン担当小林うてなが自身名義での活動を開始した。
 今までもスティールパン/マリンバ奏者として蓮沼執太フィル、坂本美雨、Ackky、いずこねこのライブ、レコーディングに参加するなど幅広い活動をこなしてきていたが、今後はそれに留まらない、一音楽家としての創作、ライブ活動も精力的に行っていくとのこと。
 「形に囚われずその時々の閃きに従ってやっていきたい」という本人のコメント通り、現時点で2つのプロジェクトが進行中である。ライブも続々決まっているので是非自分の目で、耳で確かめて欲しい。

1.小林うてなと急げヘリコプター
鬼の右腕でドラムを担当していた盟友加藤みどりとのデュオ。うてなの作成したトラックをベースにリアルタイムボイスエフェクト、スティールパン、エレクトリックパーカッション、多種多様な民族楽器が奔放に折り重なり、ワールドミュージック、エレクトロ、ダブを縦横無尽に横断する独自のサウンドスケープを展開。現在ライブ音源をsoundcloudで公開中(https://soundcloud.com/utena-kobayashi/live-moon-romantic-17-03-2014)

2.うてなキャンプ
標高1000mで誕生した小林うてなから生み出された音楽を中心に2014年に始動。国境も隔たりもない音楽というフィールドで、個性豊かな面々が集まって愉快な音楽のキャンプが始まる。
Steelpan.Vocal. 小林うてな(ex.鬼の右腕、蓮沼執太フィル)
Guiter. 斎藤拓郎(Yasei Collective)
Bass. コーノタケヒト(LAGITAGIDA)
Drums. 松下マサナオ(Yasei Collective、Gentle Forest Jazz Band、Za FeeDo)
Percussion. 加藤みどり(ex.鬼の右腕)

Pocket
LINEで送る

関連記事

uguisuiro

20166/13

鶯色

F.L.Y.、AMEPHONE’s attc、パグタスなどで活動する山田民族と現マヘル・シャラル・ハシュ・バズの鈴木美紀子による男女二人の@…

fwj_artist2

fishing with johnの楽曲がベッキーさんラジオ番組のオープニングに採用されています

現在TOKYO FMで毎週日曜日朝9:30より放送されている「太田胃散presentsベッキーGO LUCKY」のオープニングテーマとして、…

10

20167/13

鶯色「公園」によせられたコメント公開です

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

jacket02

Fly Fly Fly /柴山一幸

揺らぎ、彷徨いながらも全てを受け入れ進む。孤高のロック・マエストロ柴山一幸会心のニューアルバム。 ■アルバムタイトル:Fly Fly Fl…

20160615-84

20167/3

百瀬巡デビューアルバム“mechanic”発売直前トーク&ライブ~ももホロたくちゃんのよろしくメカドック~

デビューアルバム「mechanic」発売直前の7月3日に、百瀬巡のトーク&ミニライブが急遽決定。 1部 百瀬巡 × おやすみホログラム…

ページ上部へ戻る