© mao All rights reserved.

greenmilk from the planet orange


メンバー (アルバム発表当時のもの)
dead k;gibson SG & read Vocal_
A;drums,analogue synthesizer,& vocal_
T;fender jazz bass
 
2001年
07月Green Milk from the Planet Orange結成。
09月1stCDR”The Shape of Rock to Come”をGMFTPO自身のレーベル”Ancient”より発表(現在廃盤)_ 英米のネットジンおよびファンジンにて高い評価を受ける。
2003年
03月バンドとして初の渡米。ミルウォーキーにてレコーディング。が完成に至らず。
04月帰国後、自分達の手でレコーディングを続行。6月までかかる。
2004年
02月1stフルアルバムHe’s crying “Look”を米、ポートランドの実験系レーベルbeta-lactam ring recordsより発売。リリースに伴い、レコ発ライブを下北沢ERAにて行う。
03月dotlinecircleの企画にて、にせんねんもんだい、melt banana等と共演。
04月下北沢ERAにて、FUNCTION(from Australia)と共演。
05月三軒茶屋heaven’s doorにて、HELLA(from U.S.A)と共演。
06月アメリカ西海岸とカナダへ初の海外ツアー。
10月東高円寺club U.F.O.にて、Damo Suzuki’s Network(ダモ鈴木 ex. can, Mani Neumeier from GURU GURU)と共演
11月アメリカ西海岸ツアーを決行する。2度目の海外ツアー。
2005年
02月静岡のサイケバンド、UP-TIGHTと共に西日本ツアーを決行。
03月NYにて、Paul Mahajan(Yeah Yeah Yeahs、Liars、TV on the Radio等のエンジニア)をプロデューサー迎えて、2ndフルアルバムのレコーディング。
06月セカンドアルバムA°hcity calls revolution”全米リリース。それにあわせて2ヶ月間で50カ所を回る3度目の全米ツアー開始。
08月lift第1弾アーティストとしてcity calls revolutionを国内ライセンス販売。

Pocket
LINEで送る

関連記事

20166/13

鶯色

F.L.Y.、AMEPHONE’s attc、パグタスなどで活動する山田民族と現マヘル・シャラル・ハシュ・バズの鈴木美紀子による男女二人の@…

1/Red Tubby and Calico

Artist:Red Tubby and Calico Title:1 品番:maocd-41 価格:1,800円(税別) JAN:…

20167/1

鶯色「公園」に寄せられたコメント

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

Red Tubby and Calico

2017年4月結成。 Guitar:Satoshi Ishimoto (ギターインストユニットpasadena、あらかじめ決められた恋人…

20168/3

公園/鶯色

■アーティスト:鶯色 ■アルバムタイトル:公園 ■品番:maocd-38 ■JANコード:4580334170120 ■発売日:20…

ページ上部へ戻る