© mao All rights reserved.

memorable

20054/22

memorable / memo

【DDCM-5011】05.04.22発売 1,500円

飄々と、そして淡々と。歩幅と同じサイズで紡いだ暮らしのBGM。

■収録曲
01.nap
02.small chaser
03.#3
04.lunch(live at sunny place)
05.#1
06.MR.plankton
07.#2
08.factory play

download | iTunes |
buy CD | amazon | TOWER | HMV |

■コメント
例えば、私はグレイハウンドに乗っている。
鈍色の車体の、がたぴし音と、平行線の、望郷を誘う美しい景色。
そして、海へ行く。
さて、色彩の音色を色彩のビートに乗せたサウンドのバンドは今では多くあるし、「音楽」を「言語ゲーム」の如く「音楽ゲーム」に挑む方法だってある。だがそんな一義的なレール上を「memo」は「stomach of gypsys」の頃から今でも少し外れている。細分化された分節を彼らならではの、そのがたぴし音で。閉ざされた文脈を美しい景色の帯を引きながら。
私は海へ行く物語が好きだ。だがその景色を見ようとは思わない。「memo」の挑戦はその意味で重要な美しい物語に思える。
(伊藤 匠/Tsuki No Wa、Ryusenkei- Body)

maoの2005年最初のリリースは、レーベル創設時から親交の深いmemoが満を持しての登場です。前身バンドstomach of gypsys時代はその硬派なサウンドが都内を中心に話題を呼び、トミーゲレロのオープニングアクトも務めました。しかしmemoで聞ける彼等のサウンドはその片鱗を残しつつも、より人懐っこい、暖かな印象を受けます。呼吸をするように音を作り続ける彼等の人肌のぬくもりが伝わってくるような、そんな一枚に仕上がりました。是非一人でも多くの方に聞いて頂ければと思います。
(mao Satoshi Ishimoto)

Pocket
LINEで送る

関連記事

uguisuiro

20166/13

鶯色

F.L.Y.、AMEPHONE’s attc、パグタスなどで活動する山田民族と現マヘル・シャラル・ハシュ・バズの鈴木美紀子による男女二人の@…

03

20167/1

鶯色「公園」に寄せられたコメント

行間に滲む何とも言えないおかしみ、摩訶不思議な情感、耳を捉えて離さない言葉の響き——歌詞カードを眺めながら、まずはあまりに独特な歌世界に向き…

uguisuiro-jacket02

20168/3

公園/鶯色

■アーティスト:鶯色 ■アルバムタイトル:公園 ■品番:maocd-38 ■JANコード:4580334170120 ■発売日:20…

13450078_723352401139762_8221195911964624967_n

柴山一幸がマンスリー企画ライブを開催

柴山一幸自主企画「born to music」@下北沢440 ☆第一回7/11(月) ☆第二回8/24(水) ☆第三回9/29(木) …

mj_mechanic_jacket_dpi150

20166/21

百瀬巡「mechanic」7/4までの期間限定フル試聴開始

7/5新宿MARZでのライブより販売開始となる百瀬巡「mechanic」 発売に先駆けて7/4までの期間限定で全曲のフル試聴が始まりました…

ページ上部へ戻る